もものうらビレッジ MOMONOURA VILLAGE

メインビジュアル

もものうらビレッジについて

コンセプト

人が自然に出会い、人が人に出会う場
「生きる術」を学び、楽しむ場

もものうらビレッジは、山と海に囲まれた牡鹿半島の桃浦という集落に誕生した「会員制宿泊・研修施設」です。
ただの宿泊施設ではなく、人が本来持っている力やかつて人々が実践してきた暮らしの知恵を学び実践するプログラムをご用意しています。
お友達やご家族だけでなく、学校や企業の研修の場としてもご利用いただけます。

もものうらビレッジができるまで

東日本大震災の津波被害を受けた石巻市桃浦では、多くの人に漁業を知ってもらい、漁業の担い手になってもらえることを願って、桃浦住民有志と筑波大学との協働(”桃浦浜づくり実行委員会”)で、2013年から「牡鹿漁業学校」を開催してきました。その回数を重ねるうちに漁村での暮らしへの認識も深まり、海とともに里山も重要な地域資源であることがわかってきました。

三陸沿岸部は元来、海と⼭に囲まれた地形的制約から、少ない平地に居を構えて集落が発展してきました。しかしながら、津波の被害を受けた平地部は災害危険区域となり、震災後は居住制限がかけられました。もものうらビレッジは現在でも平地が残る⼭裾部分に着⽬し、持続可能な場を集落に⽣み出すべく、かつて段々畑として利⽤された⾥⼭を活⽤するプロジェクトとして始まりました。そして2016年より、ap bankも桃浦浜づくり実行委員会の思い描く
”理想の未来”に共感し、一緒に浜と里山づくりに取り組んでいこうと、このプロジェクトに参加しました。

⼈が⼈と出会い、⼈がありのままの⾃然に出会う場として、⼈々に愛される”ビレッジ”になることを⽬指しています。かつてあった⾥⼭をみんなで復活させていくプロセスのなかで、⼈々は暮らしの知恵や楽しみ方を学んでいきます。繰り返し訪れることで、普段の⽣活では学ぶことのできない
「⽣きる⼒」、「⽣きる術」を訪れた方々が会得していく、そんな場所にしていきたいと思っています。

各施設の紹介

メインハウス(管理棟)

施設利用者が共同で利用できるキッチン、トイレ、お風呂を備えた、もものうらビレッジで一番大きな建物です。海に対して平行に横長な造りになっており、雄大な海と桃浦の漁港を山の中から眺めることができます。海と山を両方体感することができる贅沢な空間となりました。

施設概要
・収容人数:最大10名(5名ずつの2部屋に仕切ることも可能です)
・設備:宿泊部屋2部屋(畳8畳 × 2)、キッチン(共同利用)、トイレ、お風呂(男女別)、テラス、管理人室、売店(スナック菓子と飲料販売)
・備品:寝具一式、調理器具一式、食器類一式
※バスタオルやフェイスタオル、パジャマや浴衣のご用意はありません。恐れ入りますが、ご持参いただきますようお願いいたします。

フォト01
フォト02
フォト03
フォト04

タイニーハウス

もものうらビレッジの杉林は昔からその土地の方々が大事に育ててきました。その杉林からできた建材を利用し、1週間のサマースクールで一般の参加者が大工さんに建て方を教えてもらいながら建てたのが、こちらのタイニーハウス2棟です。それぞれに特徴と趣のある建築となりました。ご家族やご友人などとゆっくりお過ごしいただける空間です。

施設概要
・収容人数:A棟最大4名、B棟最大4名
・設備:ベッド、寝具一式
※タイニーハウスには風呂、トイレなどの設備はございません。タイニーハウスにご宿泊のお客様には、メインハウス(管理棟)の風呂、トイレ、キッチンをご利用いただけます。

タイニーハウスA棟(最大4名宿泊可能)

大きな屋根に包まれた2階建ての4人まで泊まれる建築です。柱梁にホゾを彫り板を落とし込む「板倉構法」でできており、桃浦産の心地よい杉の木の香りを楽しめます。家族や友人での静かな休日や、読書や考え事など、ゆっくりした時間を過ごしにお越しください。

フォト05
フォト06

タイニーハウスB棟(最大4名宿泊可能)

三角屋根が特徴的な4人まで泊まれる建築です。建物を支える登り梁は、敷地に生えていた木を伐倒し製材したものです。山の中の隠れ家のような空間ですので、友人同士で、楽しい週末をお過ごしください。

フォト10
フォト11

テントサイト

杉林を間伐して作ったウッドチップを敷き詰めた、ふかふかの心地よいテントサイトが出来上がりました。ウッドチップがまるで天然のマットレスのよう。アウトドア派の方はぜひテントサイトをお試しください!

フォト07
フォト08
フォト09

施設利用料

施設名

利用方法

料金

メインハウス(管理棟)

利用方法

料金

宿泊(最大10名)

3,500円/1人

キッチンのみ

2,000円/1回

お風呂のみ

500円/1回

野外炊事場のみ

500円/1回

タイニーハウスA&B

利用方法

料金

宿泊(最大4名)

15,000円/1棟

テントサイト

利用方法

料金

宿泊(最大2名)

2,000円/1張

宿泊(最大4名)

3,000円/1張

会員制度

もものうらビレッジに宿泊いただくには、会員になっていただく必要があります。その理由は、ホテルのように単なる宿泊施設としてではなく、一緒に学び、一緒にこの場を育てていく仲間を増やしていきたいので、会員制とさせていただきました。
もものうらビレッジの会員規約はこちら

 

入会費

年会費

得られるサービス

正会員

入会費

年会費

1,000円

無料

得られるサービス

  • もものうらビレッジが運営する各施設の利用。
  • もものうらビレッジが催行する各種体験・学習プログラムへの参加。
  • もものうらビレッジが開催する各種イベントへの参加。
  • もものうらビレッジ諸施設・プログラムを活用したイベント等の企画、運営。
  • もものうらビレッジの発信する会員限定情報の受信(メールマガジン、ブログ等へのアクセス)。
  • もものうらビレッジを利用して生産される物品(自然素材を含む)等の会員用限定販売。

特別会員

入会費

年会費

1,000円

50,000円

得られるサービス

上記会員特典①に規定されるもものうらビレッジ各施設を会員期間中5回まで無料で利用することができる。
※前年度からの更新の場合は年会費のみ

会員になって宿泊の予約をする

もものうらビレッジの会員規約はこちら

注意事項

※会員登録がお済みではない場合は、宿泊予約のお受付はいたしかねますので、先に会員登録をお済ませください。
※2名様以上での宿泊をご希望の場合も、代表の方だけでなくすべての方に会員登録をしていただく必要がございます。あらかじめご了承いただき、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
プライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

体験プログラム

もものうらビレッジでは、年間を通して海と山を楽しみ学ぶための体験プログラムを用意する予定です。宿泊だけでは味わえない桃浦の素晴らしい自然環境をぜひ体感してください。宿泊はせず自然体験プログラムのみのご予約も可能です。その際も会員登録が必要となりますので、上記「会員登録はこちら」からご登録ください。ご予約は上記「宿泊・体験プログラムのご予約はこちら」のフォームもしくはお電話にて承ります。

プログラム 名称 簡単な説明
グランドプログラム 小漁師体験 季節毎の沿岸漁業を漁師さんと一緒に体感できます。
カキ養殖体験牡 牡鹿漁業の主要産業、カキ養殖の現場を回ります。
トレッキング ガイドと共に牡鹿半島の山登り。
BBQ 浜どれ魚貝中心のBBQ。機材だけの貸し出しもできます。
震災・復興語り部 震災とどう向き合ってきたか、生の声を聞けます。
浜の食材調理体験 浜食材を使った地元料理を中心に。
手ぶらで釣り船 牡鹿の釣場を熟知した船頭さんが親切に教えてくれます。
牡鹿半島クルージング 田代島、網地島、金華山。ご要望に応じルートを組めます。
洞仙寺 歴史巡り散策 長い歴史のある洞仙寺。山寺跡まで足を伸ばします。
薪割り体験 間伐材などの有効活用。夜の薪にしましょう。
シーズンプログラム 小型定置網漁体験 朝どれ魚貝を漁師さんから直接購入、自分で朝食に。
マリンレジャー カヌー、SUPなどインストラクターと共に楽しめます。
鹿猟・調理体験 牡鹿の鹿猟、資源化に取り組む現場を体験できます。

※シーズンプログラムは各シーズンごとに入れ替わり、上記以外にもございます。体験プログラムは現在調整中のものもありますので、予約に際して詳細はお問い合わせください。
※お客様にお申し込みいただいてから体験プログラムの各講師に依頼を行う関係で、ご希望日の1週間前までにご予約ください。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。
※天候によりプログラムが中止となる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

アクセス

アクセス アクセス

施設概要

施設名 もものうらビレッジ
運営主体 一般社団法人APバンク
住所

〒986-2353 宮城県石巻市桃浦字ウトキ

TEL 0225-25-6870(こちらの番号でご予約も承ります)
E-mail momo.no.village@gmail.com
Facebookページ https://www.facebook.com/momonouravillage/

※もものうらビレッジ会員登録を解除されたい場合は、お手数ですがこちらのフォームをご記入ください。